デルメッド化粧品を販売する三省製薬の美白有効成分コウジ酸の効果

デルメッド

コウジ酸は1907年に麹から発見された成分で、麹を扱う杜氏の手が白く美しいことに着目して研究され1988年に美白有効成分として認可されました。

 

コウジ酸を開発し美白スキンケアに初めて配合したのがデルメット化粧品の三省製薬です。

 

三省製薬のコウジ酸の特徴

コウジ酸は細胞の機能には影響を与えずメラニンだけを抑制する安全な成分です。

 

肌組織の黒色化を防ぐ効果

コウジ酸は紫外線などの外部刺激によってメラノサイトがシミの元となるメラニンを生成するのを促す情報伝達物質の発生を抑制することで美白効果を発揮します。
メラニンはチロシナーゼ酵素によって黒色に変化しますが、コウジ酸はチロシナーゼ酵素の活性化を防ぎます。

 

外部ダメージによるシミの原因にアプローチ

その他、コラーゲンの減少を起こし肌トラブルの原因となる活性酸素の発生を抑制したり、紫外線を浴びることで起こる肌の内部の炎症を抑える効果や肌の糖化を防ぐ効果があるため、シミだけではなく肌全体に起こる黄ぐすみや肌のダメージも抑えハリ、弾力、明るい透明感のある肌に導きます。

 

デルメット化粧品はコウジ酸のほかにもメラニン生成を段階的にブロックする効果のあるピュールブランも配合しています。
併せて使用することでコウジ酸の浸透が良くなり、メラニン生成を抑制する効果がアップします。


デルメッド デルメッド デルメッド